前へ
次へ

教育環境に良い子育てとはどんなものだろう

少子化社会と呼ばれる現代の中でも、新しく生命を受け、たくさんの尊い命が生まれています。
ここでは、教育環境に良い子育てとはどんなものだろうという観点から、考えていきたいと思います。
子育ての中で、いつの時代でもどこでも、大事だと言われているのは親からの愛情です。
目一杯の溢れんばかりの愛情を、毎日受けることが、後々の、人格形成の基礎となっていきます。
それでは、教育に優れた面をたくさん引き出すために、どんな関わりが必要なのでしょうか。
それは、幼少期からの早寝早起きの習慣付けや、公園や庭での屋外遊び、栄養バランスの取れた食生活など、ごくありふれた日常の中にあります。
早寝早起きは、集中しやすい力を付けたりします。
遊具遊びや砂遊びなど、屋外での遊んだ経験は体幹バランスを幼少期から整えることが出来、いいことばかりです。
食生活は、すべての基本ですから、買ったものやインスタントのものは出来るだけ控えて、なるべく手作りのもので育てるのが好ましいでしょう。
何かを考えたり表現したり、頭を使うことは、幼少期からの小さな経験の積み重ねで成り立っています。
家庭でのありふれたごく普通の時間の中に、とても重要な時間が刻み込まれていますよね。

Page Top