前へ
次へ

子育て上手は叱り上手

長い間子供を育ててみてわかったことは、子育て上手は叱り上手ということです。
子供を育てる過程において、子供を叱りつける機会というものは案外多いです。
そのような場合についムキになってしまって、親の感情をむき出しにしてしまうことは最悪です。
子供といえども一個の人格です。
叱りつけるためにはそれなりの理由がなければなりません。
理由がわからないのにいきなりガミガミ言われるのでは、子供の立つ瀬がありません。
そんな事態に陥らないためには、子供を叱りつける前に、まず自分で自分自身を叱りつけることが大切です。
全ての子供の行動は親の責任であるとも言えます。
どうして子供を叱りつけるようになるのか、その理由を明確に自分の頭の中で考えてから、子供にまず説明してから叱りつけます。
一番やってはならないのは、自分の感情に負けてしまって、子供を怒鳴りつけてしまうという行為です。
これが度重なれば、子供達の精神状態に悪影響を及ぼします。
子育て上手は叱り上手ということができます。

Page Top